かつしか案内

葛飾

葛飾は、古くは万葉集にもその地名が登場する歴史ある土地です。そして同時に、今も新しく生まれ変わり続けている、とても楽しく美しく、賑わいに溢れた街です。
ここには、昔から受け継がれたもの、新たに生み出されたもの、様々な人々の思い出があり、素晴らしい宝があります。
河川に囲まれた立地を活かして、東京の近代化を支えた工業。
古くからの伝統を今に受け継ぐ、多種多様な伝統工芸。
江戸時代からブランド品とされた、地元で育った元気な葛飾野菜。
店ごとに様々な工夫が凝らされた、食べ歩きもできる名物品たち。
今も下町の情緒を漂わせる商店街。
「千鳥破風」や「唐破風」と呼ばれる玄関口の大きな修飾と煙突が特徴の、趣ある銭湯。
大都会と下町の空気が織り交ざった、独特の街並み。
地域の過去を今に伝え、今の活気を周囲へ伝える、様々なお祭り・・・・
葛飾には、そんな魅力が至るところに満ち溢れています。
ここでは、そんな葛飾で頑張る企業やお店、商店会などの情報を皆様にご紹介します。皆様、是非ここで葛飾のことをもっとよく知り、そして実際に街を歩いて、その魅力を再発見してください。


 

  • 人口:448251人 (平成26年3月1日現在)
  • 地理:日本橋の全国里程元標から区の中心地点(京成青砥駅)まで、およそ10.1 キロメートル、東は江戸川を境に千葉県松戸市に、西は足立区・墨田区、南は江戸川区、北は大場川を境として埼玉県八潮市・三郷市にそれぞれ接しています。東京都内の東部に所在し、 区域全体が荒川の外側にある唯一の区です。
  • 面積:34.84平方キロメートル
  • 河川:江戸川・荒川・綾瀬川・中川・新中川
  • 名所:日本の音風景100選:柴又帝釈天界隈と矢切の渡し
    関東の駅百選:京成電鉄柴又駅
    堀切菖蒲園
  • 寺社:柴又帝釈天、立石様、南蔵院・南蔵院裏古墳、熊野神社、西光寺 、他
  • 公園:都立水元公園、堀切菖蒲園、青戸平和公園、曳舟川親水公園、他
img3

・企業情報検索

・商店情報検索

・銭湯情報検索